上手な失業保険の使い方 上手な退職の仕方

失業保険の受給額を増やす退職方法

更新日:

失業保険の受給額を増やす退職方法

失業保険の受給額を増やす方法とは

このページでは「失業保険の給付金額をどうやって増やすか」について見ていきましょう。

スポンサーリンク
リクルートエージェント

失業保険の給付金額はどう決まる?

失業保険の給付金額は

失業保険 給付金額の計算式

基本手当の総額 =『基本手当日額』× 所定給付日数


の計算式で決まります。簡単に言うと、退職する前の6ヶ月間の給料から日額賃金の平均を出し、その日額賃金の5割〜8割が失業手当として支払われることになっています。

>>> 失業手当の額を計算してみよう

 

Point1:退職前の6ヶ月間の給与を増やす

失業保険の金額を増やすには、「日額賃金を増やすこと」つまり、退職直前の6ヶ月間の給料を増やすということが重要になります。退職直前の6ヶ月間の給料を増やすことで、当然、6ヶ月間の給料合計から算出する平均賃金がアップし、失業給付の『基本手当日額』もアップするということになります。

では、退職直前の6ヶ月間の給料を増やすにはどうすれば良いでしょう?

残業や休日出勤を多くしておけば、残業や時間外勤務の手当が付いて、給料の額が多くなり失業給付の手当も多くなります。(【注意点】その期間にボーナス(賞与)が支給されても、そのボーナスは失業給付の対象外となります)毎月の固定給の金額が同じであっても、退職直前の6ヶ月間に残業・休日出勤などで時間外手当を増やせば、失業保険の給付金額に大きな差が出てきます。

失業保険を多くもらうには「退職前6ヶ月間は今まで以上に働いて給料を多くしておく」と覚えておきましょう。

 

Point2:失業保険の受給額を増やすよう退職日を決める

上記の通り、失業保険でもらえる金額は会社を辞める前の6ヶ月間の給料の合計から平均賃金を日額で求め、その平均日額賃金によって決められます。つまり、退職する直前の6ヶ月間の給料が多いほど、失業保険としてもらえる金額も増えるということになります。

かといって、退職する社員が忙しくない時期に残業をするというのは、会社も当然認めてくれません。ですから、退職日を決める時は、退職前に繁忙期が来るようにすると良いでしょう。

よく繁忙期の直前に退職する人がいますが、そういう行為は、社会人としての責任や会社・お客様への迷惑といった点で問題がありますし、会社の繁忙期が落ち着く時期を見計らって退職日を決めることで、退職前6ヶ月間の給与も増え、失業保険の金額が増えることになります。

失業保険の金額を増やす方法とは「会社の繁忙期にきちんと仕事で貢献した上で退職すること」と覚えておきましょう。

人気の記事

退職する際の注意点

上手な退職の仕方

退職する際の注意点

昨今、雇用の流動化が進み、一度入社した企業に定年退職まで勤める時代から、転職が当たり前の時代へと変わってきました。 ということで、今回は人生で何度か経験をするであろう「退職する際の注意点」について見てみることにしましょう。 スポンサーリンク 退職手続きの注意点 退職手続きの注意点ですが、基本は円満退社を目指すことが大切です。 退職を切り出すタイミング いくら世の中の価値観が移り変わり、転職することが当たり前になったと言っても、あまりに唐突に仕事を辞める旨を切り出すのはマナー違反です。数か月位前(出来れば半 ...

詳しく見る

退職前にしておこう

上手な退職の仕方

退職前にしておこう - 番外編

今回は、私自身の経験から退職する前にしておいた方が良いことをまとめてみましょう。 退職前に有給休暇を消化する人も多いと思いますが、転職活動だけではなく、以下のような点も実施しておくと良いでしょう。 スポンサーリンク 退職前にすべきこと①:「転居する」 転職を機に転居することをお考えの方も多いと思います。 新しい土地で人生を変えたい、今の会社の人間関係を断ち切りたい、生活水準を見直したい、など色々理由はあると思いますが、転居を考えているなら、是非、退職前に転居しておきましょう。 転居する時、普通は家を新たに ...

詳しく見る

失業保険はアルバイトするとバレるのか?

上手な失業保険の使い方

失業保険はアルバイトするとバレる?バレない?

失業保険の受給中にアルバイトするとバレるのか? 覚えておこう 失業保険の受給ルール 失業保険の受給中にアルバイトや副業をした場合は、必ず「失業認定申告書」で申告する必要が有ります。申告しなかった場合は「不正受給」となりますので気を付けてください。   スポンサーリンク アルバイトで失業保険の不正受給がバレるケース アルバイトをする時、アルバイト先で雇用保険の加入要件(週20時間以上勤務)を満たした場合は雇用保険に加入することになりますので、その加入手続きによりバレることになります。   ちなみに、失業保険 ...

詳しく見る

失業保険をすぐにもらう方法

上手な失業保険の使い方 上手な退職の仕方

失業保険をすぐにもらう方法とは?

失業保険はすぐにもらえない 失業保険は、自己都合退職の場合、申請をしてから「3か月間の給付制限」があり、実際の受給は申請してから4か月後ということになります。 スポンサーリンク 失業保険の受給まで3か月待つということは、その間の収入がないということですから、普通は『早く次の仕事を探して就職する』選択になるわけです。 しかし、この「3か月間の給付制限」がなくなり、「7日間の待期期間」だけで失業給付をすぐに受けられるケースがあります。ここでは、こういった「失業保険をすぐにもらう」ことができる場合について見てみ ...

詳しく見る

失業保険の受給額を増やす退職方法

上手な失業保険の使い方 上手な退職の仕方

失業保険の受給額を増やす退職方法

失業保険の受給額を増やす方法とは このページでは「失業保険の給付金額をどうやって増やすか」について見ていきましょう。 スポンサーリンク 失業保険の給付金額はどう決まる? 失業保険の給付金額は 失業保険 給付金額の計算式 基本手当の総額 =『基本手当日額』× 所定給付日数 の計算式で決まります。簡単に言うと、退職する前の6ヶ月間の給料から日額賃金の平均を出し、その日額賃金の5割〜8割が失業手当として支払われることになっています。 >>> 失業手当の額を計算してみよう   Point1:退職前の6ヶ月間の給与 ...

詳しく見る

失業保険の給付額計算

上手な失業保険の使い方

失業保険の金額を計算しよう

失業保険 受給金額の計算方法 簡単に失業保険の受給金額が計算できるようにしてみました。以下の3点を入力して「計算する」ボタンを押してください。 スポンサーリンク step1年齢を選択 退職日の年齢を選択してください。 step2賃金日額(1日当たりの給与額)を入力 退職前6か月間の給与額(ボーナスや退職金は除く)の合計額を180で割った出た数字を入れてください。 step3勤続年数を選択 入社してから退職するまでの期間を選択してください。前職退職後1年以内に再就職していて、かつ、退職したあとに失業保険をも ...

詳しく見る

失業保険 受給の流れ

上手な失業保険の使い方

失業保険 受給の流れ

失業保険の受給準備から受け取りの流れ このページでは、失業保険の受給について、必要なものの準備から受け取りまでの手順を確認していきましょう。 スポンサーリンク step1失業保険 受給手続きの準備 手続きに必要なもの 離職票-1 と 離職票-2 マイナンバーの分かるもの 身分証明書(免許証など) 写真(縦3cm×横2.5cm)2枚 印鑑 預金通帳またはキャッシュカード ①離職票-1と離職票-2 離職票は、会社が作成しハローワークの受理印をもらった上で退職者に渡すものです。離職票-1と離職票-2があります。 ...

詳しく見る

失業保険の手続き

上手な失業保険の使い方

失業保険 手続きの流れ

失業保険 受給手続きの流れ このページでは、失業保険の受給手続きの流れについてまとめてみましょう。 スポンサーリンク 失業保険(失業給付)は、退職日からもらえるというものではなく、ハローワークに失業保険の手続きに行った日を基準に、給付制限・待期期間が発生するので注意が必要です。 ハローワークで失業保険の受給手続きをする際には、会社が発行する書類が必要となりますので、退職前から準備しておく必要があります。 step1会社へ離職票の依頼 離職票は退職者の依頼により作成されます。 離職票は会社が勝手に送ってくれ ...

詳しく見る

上手な再就職〜仕事探しの3つのポイント

上手な再就職

仕事探しのポイント - ハローワークで探すな!

ハローワークで仕事を探すな! あなたは、ひょっとしてハローワークで仕事を探そうとしていませんか? スポンサーリンク ハローワークは公的機関で、企業からすると掲載料無料というメリットがあります。 つまり、人材募集にお金を掛けたくない、またはお金を掛けられない企業の求人募集の場が「ハローワーク」なのです。 ハローワークで紹介を受けた企業に就職したけれど、実は「ブラック企業」だったという例も最近はよく聞くようになりましたし、『国の機関だから安心!』と思っていると痛い目をみるかもしれません。 「仕事探しの3つのポ ...

詳しく見る

Copyright© 再就職なび , 2018 All Rights Reserved.